2001年輝玉祭 鉄研編(2)

 拙作の中でも特に自信作・東急8500系6連が築堤を通過するシーンです。
この8500系は昭和54年頃の新玉川線編成であり、
新玉川線沿線土着住民の私としては、結構こだわってに作りました。
拙作・JR東日本115系1000番台新潟地区2連です。
新潟地域で国鉄時代末期に装変更されたものですが、
電車は更に塗装変更され、現在この色で残っているのは気動車だけです。
 ところどころに「逆カント」の曲線、
写真でもはっきり分かるでしょう。
手製レイアウトの難しさですな。

 時にはこんな風に、
自分の作った車両を写真に撮って
みるのも面白いものです。
最近、Nゲージは時間の制約で
めったに手を出さないのですが、
久々に走らせてみると、
何とも楽しいものです。
これも拙作、
箱根登山モハ1×2+モハ2
3連化記念塗装編成です。

鉄研編(1)校舎編目次へ