北東北夏祭り2003・秋田竿燈まつり
その2

 竿燈が入場してきました。
 本番1回目開始
NHK秋田放送局の竿燈です。
新川向南町の子供たちです。
いよいよもって「よし!行くぞ」
といった感じでしょうか?
上がった竿燈を注目するメンバー、
後ろでは寄せ囃子が加速します。
子供も数々の演技に挑戦していきます。将来は大若を差すのでしょう。
本番2回目のポジションに向かって
各竿燈が移動しています。
秋田駅東口を拠点とする竿燈会も
あるようです。
(竿燈大通りは西口先1Kmです)
ふれあいの時間になりました。
見づらいですが、中央で外国人が
小若に挑戦しています。
(手のひら技成功しました)
ブレてますが……(^_^;)
あべっちが小若に挑戦!(中央)
これは上がった模様です。

ふれあいの時間、私は……と言いますと、まずは竿燈の笛を鳴らしていました。
鳴らすのは手持ちの八本調子よりも楽なんですが、
流し囃子も寄せ囃子も、「叩く」音が連続します。
囃子方の人に言わせれば、一人前に演奏できるのに3年かかるそうです。
続いて小若に挑戦したところ、両手で持ち上がりはしましたが、
片手までは至りませんでした。


本番終わっても、今夜はまだまだ終わりません!
本HP的には、これからが見せどころです。

その1へトップページへその3へ