北東北夏祭り・秋田竿燈まつり初日
その1

秋田への県境越え
青森から乗ってきた弘前行が臨時で碇ヶ関まで延長運転される日、せっかくなのでそのまま乗りました。 突然のにわか雨の中、関所の町・碇ヶ関に着きました。
旅行貯金で立ち寄った碇ヶ関郵便局の扇ねぷたには、雨よけのビニールがかけられていました。 駅舎を正面から撮りました。
碇ヶ関駅の由来が書かれた看板を見つけました。 大館から定期列車となる弘前始発の電車、ここで後ろ2両を増結して5両編成になります。
増結の瞬間をコマ送りでもう2枚、連結までの様子はいかがで?
こちらは東能代駅の看板です。 秋田に着いたらヤートセ祭り(よさこいの秋田版ですね)が行われていました。

トップページへその2へ