北東北夏祭り2008 その3

今日のキャンパーの流れは、おなじみ青森県板金工業組合がお休みで、消防第二分団ねぶた会・アサヒビールに参加するらしいです。 ねぶた運行開始まであと1時間、ただいま気温28度です。
徐々に例年の仲間と集まり始めました。
今回は青森パナソニックねぶた会のねぶた「義経千本桜 『狐忠信』」にて跳ねることになりました。前日に続いて雨予報のため、ビニールを被せて出陣しています。
ねぶた出発よりいきなりの降雨、天然シャワーと思いながら、跳人は大いに盛り上がり続けました。
今回の参加はわずかに1日、それも高速バス帰りとなった今回のねぶた、充実感に浸れず、別れも十分にできないままでした。
青森ねぶた祭は、私にとって単なる祭ではないようです。
一夜明けて東京駅に帰着、はやて71号出発から25時間半後のことでした。

あまりにもあっけなさすぎて心残りありすぎ、仕事に戻ってからも空虚感が残ってしまいました。
その2へ その4へ
トップに戻る