北東北夏祭り2008 その6

いよいよクライマックス!
今年の新作「不撓不屈」が姿を現しました。
昨年の作品「芽吹き心荒ぶる」が続いてやってきました。囃子方・跳人も大いに盛り上がっています。
今年で最後の出陣となる2年前の作品「絆」が大町ロータリーに到着、「お見合い」が完成しました(背中映像ですみません)。ここで藤田呉服店の皆さんと別れました。 五所川原立佞武多の閉幕、吉幾三が「立佞武多」を熱唱して、大町ロータリーが異常な熱気に包まれました。
「ねぷたのもんどりこ・・・」大型ねぷたが立佞武多の館へと帰っていきます。戻り囃子の響く中でなおも跳ねまくる跳人(+一部囃子方も?)もいましたが、これだけは間違っているような。戻り囃子でねぷたを送るのもまた、立佞武多の進行の一部なんですから。

この後、つがる市の方が開設してくれた臨時ライダーハウスにお世話になり、仲間との一夜を楽しく過ごしました。
その5へ その7へ
トップに戻る