東北夏祭り2000 第4章(秋田県仙北町・鈴木太鼓店)

 湯沢市に入るといきなりにわか雨が降ってきました。各種雨具を即準備、サイドバッグにもカバーをかぶせて湯沢横手道路へと向かいました。
 しばらくして雨が止み、秋田自動車道に入ったところでブレーキの異常に気づき路側帯に寄りました。なんとサイドバッグの左カバーなくなり、右カバーはブレーキシューに巻き込まれているではないか!左は後続車のいない所で飛ばされていたのだろうか・・・事故がなかったのが幸い、と思い、とりあえず巻き込まれたカバーを抜き取ってまともな状態にしました。

 ふと、僕は大曲インターで高速を降りました。この近くに、毎年お世話になっている鈴木太鼓店があるはず・・・今夏は秋田竿燈まつりで前座・秋田県太鼓連盟各団体による太鼓共演がないためこの方々に会えない・・・ぜひお店に行って人々に会ってこようと思い、大曲市内を目指しました。
 お隣仙北町にはどこから入るのだろう?少々迷子になりつつも国道13号線の湯沢方面レーンに入ったら間もなく仙北町の諸施設に入る看板を発見、迷わず曲がり、夢中でバイクを走らせました。

 そして写真で見たことのある建物のようなものが視界に・・・それは確かなもので、間違いなく鈴木太鼓店でした。中の様子を伺うと、知る人が見えないなぁ・・・少し躊躇して、意を決して(大げさ?)お店に入りました。
 間もなく僕の知る人が現れ、ここまで来た僕にびっくり!さっそく裏の工房に案内してもらい、日本太鼓秋田県講習会でお世話になる諸先生方に再会できました。

 こんな加工はめったにお目にかかれるものでもなく、作業中映像を収めてきました。僕はエイサー用のバチを作ってもらいました(笑)

その1その2

第3章へ第5章へ
「東北夏祭り2000」目次に戻る