東北夏祭り2000
第10章(青森花火大会+ねぶた海上運行)

 そして迎えた最後の夜・・・

 市場団地キャンパー一行は、若干のゲスト(?)を加えて、青森駅の引き込み線先端まで行きました。ここの突堤はちょっと怖いところですが東も西も眺めが素晴らしいところです。親子連れの方たちには近づき難い場所だけに、ちょっとした特等席です。
 さっそく青森の夕べとアスパム遠望を撮って腕慣らししました。(その1参照)

 花火が始まり、しばらくして海上運行に参加する5団体のねぶたが登場しました。見事ねぶた大賞に輝いた青森菱友会よりも、知事賞のJR東日本の方がノリにノリまくっていたような。ねぶたが近づくたびに岸壁からもかけ声を・・・ラッセラー ラッセラー ラッセーラッセーラッセーラー
 今年はミレニアム記念なのかどうなのかは分かりませんが、例年の1〜2往復どころではなく、3往復以上青森港をねぶたが回遊しました。

 ねぶたが去りゆく途中でHaradyは列車時刻が来て一足早く姿を消していきました。ねぶたが去ると、順次別れが始まるのであります。ねぶたが船着き場に戻っていく姿は、寂しさすら感じます。

 本アルバムの最終ページにふさわしいねぶた海上運行のシーンをとくとお楽しみ下さい。

その1その2その3その4

第9章へ
「東北夏祭り2000」目次に戻る